top of page

たらくを  いきの  んなと  くる

四街道市福祉作業所

私たちが目指す、四街道市福祉作業所とは・・・

「まずあたたかく迎える」「まず受けとめる」ことによって、仲間が作業に喜んでくるようになる。他の仲間や職員などと一緒に居たいと感じるようになる。一緒にいるだけでなく、みんなと一緒にやりたいと思い始める。

 そして、他の仲間たちがしていること(=仕事)に手を出すことになる。それは、ほかの仲間からの積極的な評価を招くことになり、仕事に手を出す活動が増幅される。

 役割をもたされ、あるいは仕事をしっかりやってこそ評価される大人の集団の中に身をおくことによって、さらに意欲的に働くようになる。この間に、生活全体が積極的になり、また働く力を磨いていく。

それはさらに「責任をもってがんばる」力と意欲につながっていく。私たちは、そんな集団のプロセスを大切にし、一人ひとりが手ごたえを感じ、やりがいや生きがいをもってもらえるように支援していきます。

tobesan.jpg

ミッション

  • 地域で、普通の、人としての生活を送ることができるよう支援する。

  • 地域の中で、地域のために、地域に必要とされる(愛される)施設を目指す。

ビジョン

​利用者の生活を豊かにしていくだけに留まらず、地域も一緒に豊かになっていくことで、よりよい地域福祉、社会福祉を実現する

ogatasann.jpg
bottom of page